JRおおいたシティ

ABOUT

事業紹介

  • TOP
  • 事業紹介

アミュプラザおおいた

新しいモノ・コトを創造、提案し続ける
東九州№1の都心型商業施設

ファッションから雑貨、食品、飲食、エンターテインメントまで、バラエティに富んだ九州有数のテナントラインナップで構成される都心型商業施設「アミュプラザおおいた」を運営しています。
幅広い年代層のお客さまにご来館いただいており、その数は年間2,000万人を大きく超えています。今後も東九州エリア№1の都心型商業施設として、新しいモノ・コトを創造し、提案し続けます。

アミュプラザおおいた

シティスパてんくう

忙しい日常から離れ、非日常の開放感と
心から寛げる癒しの空間

地下700mから汲み上げた天然温泉が楽しめる地上80m、高さ日本トップクラスの屋上露天風呂、美と健康、癒しを追求したヒーリングスパなどを備えた温泉施設「シティスパてんくう」を運営しています。
「日本一のおんせん県おおいた」の象徴として、お客さまに最高の「癒し」を提供します。

シティスパてんくう

まちなかとの連携、賑わいづくり

大分都心部の賑わいづくり、魅力的なまちづくりへ貢献するのが当社の使命。
イベント等を通じた地域の賑わいの創出、地元商店街などと協力した販促活動の展開、地域の行事や祭り等への積極的な参画などにより、大分都心部の賑わいを創出していきます。

まちなかとの連携、賑わいづくり

会社情報

会社名
株式会社JR大分シティ
所在地
大分市要町1番14号
設立
1964年3月26日(㈱別府ステーションセンター)
2012年11月25日 社名変更(大分ターミナルビル㈱)
2014年10月1日 社名変更(㈱JR大分シティ)
資本金
1億円(JR九州駅ビルホールディングス(株)100%出資)
代表者
代表取締役社長 津髙 守
社員数
48名(2020年1月現在/他社からの出向者等を含む)
事業内容
複合商業施設「JRおおいたシティ」の管理・運営
施設概要
敷地面積: 約34,400㎡
延床面積: 約144,500㎡
店舗面積: 約36,000㎡
用途:  商業施設 :地上1階~地上4階
駐車場:地上5階~地上8階
屋上ひろば:地上8階
ホテル(タワ-部) :地上8階~地上18階
温浴施設(タワ-部) :地上19階~地上21階
駐車台数: 2,045台
テナント売上高
約241億円(2018年度)